インターナショナルスクールはこれからのグローバル社会に対応

バナー

インターナショナルスクールはこれからのグローバル社会に対応

元々インターナショナルスクールは、日本に在住する外国籍の子供のために設立されました。

現代では、教育の多様化・国際化により、日本人も入学できるインターナショナルスクールも増え、大手企業でも社内での公用語が英語という企業も出てきて、グローバル社会に対応できる教育を受けることができます。
日本の教育方針とは違うので、そういった観点からもインターナショナルスクールに入学させる親が増えているとも言えます。

ただ、日本では特殊学校扱いとなるので、小中高の教育過程を修了したということにはならないので、大学を受験する場合、大検を受けなければならないといった不都合があるのも事実です。


卒業後はほとんどが、外国の大学に進学します。


ただ、インターナショナルスクールは日本の学校とは違い、校風が自由で文化の違いを感じることができ、のびのびとした学校生活を送ることができます。
国際色あふれる先生たち、様々な人種の生徒たち、こういった点で子供の教育には良い点が多いのです。


昔からあるインターナショナルスクールは、日本人枠が狭く親子とも英語が話せないとなりません。

新しいインターナショナルスクールは比較的入学が簡単です。

市立のインターナショナルプリスクールは幼児を対象にした英語保育のスクールで、誰でも入学が可能です。


プリスクールに通う子供たちは、1年もしないうちに英語が話せるようになります。




幼児の吸収力とはすごいものです。

まず、インターナショナルスクールに入りたい(入れたい)となったら、空きがあるか確認しなくてはなりません。



そこで、どういった提出書類が必要なのかを聞くことも大切です。



書類を提出した時点で一度審査があります。この時点で入学を認められるスクールもあれば、次の審査(面接や筆記試験)があるスクールもあります。



インターナショナルスクールの良い所は先に述べた部分だけではなく、クラブ活動はいくつかを経験することができます。

夏休みは3ヶ月あるスクールもあります。




このように、子供の可能性を伸ばすにはインターナショナルスクールも視野に入れるのも一つです。

http://www.ryukoku.ac.jp/shukyo/event/marriage/
http://www.mcsa.or.jp/
http://love.blogmura.com/love_konkatsu/


Copyright (C) 2014 インターナショナルスクールはこれからのグローバル社会に対応 All Rights Reserved.